お問い合わせ

株式会社アイダメカシステム 調達方針

(2021年9月28日制定)
株式会社アイダメカシステム(以下当社と言う)は、機械装置製造、並びに金属加工などの業務において、次の基本調達方針に基づき、調達活動を行います。

基本調達方針

1. 法令、その他社会的規範の遵守

調達活動を行うに当たって、国内外の関係する法令、法規、社会的規範を遵守する。 調達部門を担当する者は、いかなる取引先とも個人的な利害関係を持たない。
市⺠社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢⼒および団体とは、⼀切の関係を 持たず、違法・不当な要求には応じず、コンプライアンスに適した活動を行う。

2. 公平、公正な取引を行います。

金属加工、機械製作に関する調達活動に際して、すべての取引先に対し、公平、公正な姿勢で、品質・納期・価格等、合理的な基準に基づいて展開します。

3. CSR 調達を実現します。

当社の定める CSR 調達方針を元に、これらを推進し実現します。

4. 地球環境に配慮したグリーン調達を推進します。

環境に配慮した機械設計、製作を行い、環境保全、資材保護等に十分配慮した上で、 資源ロスの少ない資材調達を行います。

5. お取引先様との相互理解、信頼関係の元、これらの活動を推進します。

お取引先様とのパートナーシップを強化し、信頼関係を築く事で、お互いの発展を目指します。

CSR 調達方針(お取引先様へのお願い)

企業の社会的責任を果たすため、当社のみならずお取引先様におかれましても、本方針をご参考の上、CSR 活動を推進頂きます様よろしくお願い申し上げます。

1. 関連する法令、規則の遵守

1-1.関連する各種法令、法規を遵守し、コンプライアンスに適した活動を行います。

2. 基本的人権の尊重

2-1.強制労働や児童労働、外国人の不法就労、その他の違法な労働をさせている、または労働安全衛生に問題が無い様にする。

2-2.あらゆる雇用や処遇において、人種、性別、身体的特徴等の不当な内容を理由に差別を行いません。

2-3.労働者の雇用条件(最低賃金、超過勤務、休日、年次有給休暇の権利等)は各国、地域の法令を遵守します。

2-4.労働者の多様性・人格・個性を尊重し、健康と安全に配慮した働きやすい職場環境を目指します。

3. 事業継続計画

3-1.BCP(事業継続計画)に積極的に取り組み、自然災害時などによって事業継続が困難となった際に、事業資産の損害を最小限に留めるよう働きかけ、計画的に事業を再開できる様に準備を行い、自社の供給責任を果たすと共に、労働者の雇用を守ります。

4. 機密保持の徹底

4-1.顧客情報や個人情報、技術情報等、その他の取引を通じて知り得た情報を適切に管理する。

5. 地域社会への貢献

5-1.地元お取引先様との積極的な取引により地域社会の発展に貢献します。

6. 地域社会への貢献

6-1.社会の秩序や市⺠社会の安全に脅威を与えると考えられる反社会的勢⼒に対し、組織的な対応を行い、毅然とした態度で臨み、警察などの機関と連携して関係遮断を徹底します。

7. 紛争鉱物の使用禁止

7-1.非人道的行為を行っている武装勢⼒の資金源である鉱物、及びその加工品を使用しません。もし紛争鉱物の使用が判明した場合には、速やかに使用しない様に取り組む。

※紛争鉱物とは、コンゴ⺠主共和国及びその周辺国において、非人道的行為を繰り返す反政府武装勢⼒が資金源としている当該地域で産出されるスズ、タ ンタル、タングステン、金とその派生物をいう。

8. 公正な事業活動

8-1.公正且つ自由な競争のもと、適正な取引、責任ある調達を行います。

8-2.接待や贈答、その他法令または社会倫理に反した利益の提供を行わず、利益の供与を受けません。

グリーン調達方針

1. 環境に配慮した機械装置の設計、製作に適した材料の調達

1-1.環境基本法、水質汚濁防止法、土壌汚染対策法、PRTR 法等の環境関連法令を遵守します。

1-2.干渉保護材・包装紙の削減や再利用可能な梱包容器の使用促進等、廃棄物の発生を抑えることで、温室効果ガスの排出を低減します。

1-3.⻑期使用の想定や使用部品の削減を行った機械装置の設計や、損耗した部品の再切削による再利用、破損部品を別の部品への再加工等、3R(リデュース・リユース・リサイクル)を推進します。

1-4.製品を調達する際に、製品に含まれる化学物質の情報を把握・管理し、高リスク物質の使用を抑制します。

1-5.環境負荷への影響が少ないものを使用することで、VOC 排出量の削減、COD・BOD の低減を目指し、大気と水を守ります。

1-6.企業としての水リスクへの影響の実態を把握し、管理を徹底します。また、地域の水リスクの実態を把握し、その対策に努めます。

1-7.材料ロスを考慮した調達を行い、低減する事で無駄な資源を使用しない様にします。

2. 化学物質の適切な管理と使用

2-1.法規制を遵守し、人体や環境に対して危険をもたらす化学物質、及びその他の物質は、特定、表示、ならびに管理を行います。

2-2.安全な取り扱い、移動、保存、使用方法を把握し、周知徹底します。

2-3.適切な手段をもって、リサイクル、再利用、および廃棄が確実に実施されるよう管理します。

Page top